ほんとに買えるの?【月の土地】

プレゼントに月の土地を贈ろう

月の土地が買えるという話を聞いたことがある方も多いと思いますが、ほんとに買えるの?どこで買えるの?いくらなの?など、なんか胡散臭いと思い調べてみたところ、詐欺まがいの話ではなく本当に買えちゃうんです。
実際、私も娘にクリスマスプレゼントとして贈りました。



月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、宇宙条約しかないことがわかりました。同氏は月の権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出し、「地球外不動産業」を始めました。

『月の土地』第三期分譲中!『月の土地』は、自分用にはもちろん、贈り物としても喜ばれています。誕生日や結婚、出産祝い、クリスマスやバレンタイン、母の日といったプレゼントとして大変喜ばれています。



月の土地っていくらで買えるの?

月の土地は、1エイカー2700円で購入可能です。
ちなみに1エイカーは、約1200坪となります。
カードセットやカード付きフィルセットなどがあり、付属品により値段が変わります。
購入する広さは、1エイカー~20エイカーまで選べるようになっています。
ちなみに、場所の指定はできないようです。

月の土地を購入するとどうなるの?

月の土地を購入すると権利書/月の地図/月の憲法/土地所有権の宣言書コピー(英文)が送られてきます。
付属品のセットで購入した場合は、上記の他にカードやファイル、アルミフレームなどがついてきます。(購入内容によります)