使わなくなったスマートフォンを時計として使用する方法

使わなくなったスマートフォンを時計として使用する方法を紹介します




定番ですが、使わなくなったスマートフォンをクレードルにセットし、時計を表示します。
時計表示のアプリは、たくさんあるので、お気に入りのアプリを探し時計表示をします。
WiFi接続しておけば、時刻校正もされるので、正確な時間表示が可能です。
この時、数分で画面が消えてしまわないよう、スリープは解除しておきましょう。

私は、ずっとXPERIAを使用しているので以下のような設定でクレードルにセットすると時計が表示されるようにしています。

「設定」画面より「Xperia接続設定」をタップ

「Smart Connect」をタップ

「アクセサリー」タブにある「卓上ホルダー」をタップ

「+ 新しいイベントの作成」をタップ

「新しいイベントの作成」の説明が表示されるので「OK」をタップ

「条件」画面右下の「→」をタップ

「アクション」の画面で「+ 開始アクションを追加する」をタップ

アクション選択画面で「ショートカットを開く」をタップ

「ショートカットを開く」画面をスクロールさせて「時計」をタップ

「アクション」に時計が追加されたら画面右下にある「→」をタップ

「イベントの説明」画面で名前のところにイベント名(なんでもよい)を入力して画面右下にある「完了」をタップ

「ホーム画面」に戻り設定終了です。

これで、XPERIAをクレードルにセットすれば、自動的に時計が表示されます。

これは、使わなくなったスマートフォンだけではなく、普段使用しているスマートフォンでも充電中に時計表示になるので便利です。