スマートフォン 急に電池の減りが早くなった

スマートフォンを使用していて、急に電池の減りが早くなったことはないでしょうか?

そんな時は、以下のことを確認してみましょう。

1.まずは一度電源をOFFしてみましょう。
スマートフォンでは、いろいろなソフトウェアが動作していますが、ソフトウェアの不具合などにより、本来スマートフォンの電源を切った状態(スリープ状態)では、動作が止まるはずのソフトウェアが、動作し続けるようなことがあると、電池の減りが早くなることがあります。
そんな時は、一度完全に電源をOFFしてみましょう。
方法は、スマートフォンの機種により異なりますが、動作中に電源ボタンを長押し(2~3秒程度)でメニューが表示され、「電源を切る」を選択すれば、完全に電源をOFFすることができます。
電源OFF後の起動は、電源ボタンの長押し(2~3秒程度)で起動します。

2.最近インストールしたソフトが怪しい。
電池の減りが早くなった場合は、最近インストールしたソフトウェアが影響している場合があります。
ソフトウェアによっては、常にGPS情報を取得するものや、常に通信をしているようなものもあります。
このような場合は、最近インストールしたソフトウェアを一度アンインストールし、電池の減りがどうか確認したほうが良いかもしれません。

3.何にどのくらい電池を使用しているか確認する。
何にどのくらい電池を使用しているか、確認することができます。
SO-01F(docomo)の場合は、以下の手順で確認できます。
1)設定メニューから電源管理を選択
2)電池使用量を選択
これにより、何にどのくらい電池を使用しているかわかるので、電池の消費量が多いソフトウェアは、こまめに終了するようにすることで電池の減りを改善することがででます。