大腸内視鏡検査を行いました

健康診断で、便潜血の反応があり二次検査の通知が来ました。
まずは指定の病院に電話連絡し、健康診断で便潜血があったので二次検査を受けるようにということを伝え、診察の予約をしました。

●説明を聞くために病院へ
大腸内視鏡検査を行うにあたり説明と腸内洗浄用の薬をもらいに病院に行き、大腸内視鏡検査の日時を決め(大腸内視鏡検査は約3週間後)薬の飲み方などの説明を聞いて、薬をもらいました。

●大腸内視鏡検査前日
前日は食べるものなどに制限があります。
ゴボウ、キャベツ、ホウレンソウ、こんにゃく、海藻類など消化の悪いものは食べてはいけません。
午後9時以降は、水やお茶以外はダメということです。
午後9時にプルゼニドという便を柔らかくする薬を2錠飲みます。

●大腸内視鏡検査当日
当日は、朝食は食べられません。(水はOK)
午前7時からムーベンという経口腸管洗浄剤を飲みます。
ムーベンはプラスチックの容器に粉末の薬が入っており、これに2Lの水を入れよく振って溶かしてから飲みます。
初めはゆっくり飲み、2Lを2時間くらいかて飲み切ります。
飲み始めて1時間ほどで、トイレに行きたくなり、排便がありました。
この後も何度か便意がありトイレに行きました。
最初は、水と一緒に普通のうんちも交じっていますが2回目からは水のみが出るようになり、色も茶色から黄色のものに変わってきます。
ムーベンを9時ごろ飲み終え、9時半ごろ最後にトイレに行きシャワーを浴びて病院に行く支度をしました。
何度もトイレに行きごしごしとおしりを拭いたので、おしりが少しひりひり。
そのあとは、特に便意もありませんでした。

●大腸内視鏡検査
病院について受付を済ませ、しばらくすると呼ばれ、更衣室で着替えるよう言われました。
ズボン、パンツ、靴下などはすべて脱ぎ、おしりのところが穴の開いた検査用ズボンにはきかえ、検査室へ。
ベットの上にあおむけになり緊張を和らげるという注射をされました。
その後横向きにくの字になり、おしりにローションを塗られ、内視鏡を挿入されました。
あまり痛みはなかったです。
ある程度内視鏡を挿入したとこで、あおむけになるよう指示がありました。
内視鏡が腸の中を進んでいく様子がモニターに映り、自分でもその様子が見えます。
内視鏡をどんどん中に入れていくときには、おなかの中で何かが動いている変な違和感と、時たま痛みがありました。
最後までたどり着くと、抜いていきながら腸内の写真を撮ります。
私の場合、途中でポリープが発見され、その場で切除してもらいました。
切除に痛みはありませんでした。
その後最後まで内視鏡を抜き終わると検査終了です。
着替えて、検査の説明を聞き、ポリープを取ったので、そのポリープが良性か悪性かの結果が2週間後とのことだったので、次の予約を取り帰りました。
ポリープ切除の費用は、2万円ほどでした。



体のこと
スポンサーリンク
シェアする
DENSHIDO