チューナーの選び方

チューナーの選び方

パソコンでテレビを見る場合、テレビチューナーには下記の種類があります

1.USB接続タイプ

2.PCIボードタイプ

3.IEEE1394(iLINK)接続タイプ

4.PCカードタイプ

5.テレビ用チューナー


1.USB接続タイプ
 USB接続なのでどんなパソコンにも簡単に接続できます。
 
 ワンセグチューナーもこのタイプで形はUSBメモリのような形ですので外出先でも見ることが可能です。


2.PCIボードタイプ
 ディスクトップ用のボードで取り付けには一度パソコンのケースを開けて取り付ける必要があります。
 DVDなどの作成にはキャプチャーボードのエンコード機能(ハードエンコードタイプのみ)が使用できたりするものもあります。


3.IEEE1394(iLINK)接続タイプ
 デジタルビデオカメラをパソコンと接続するのに使用されるIEEE1394で接続するタイプです。
 自分のパソコンにIEEE1394のインターフェイスが付いているか確認の必要があります。


4.PCカードタイプ
 ノートパソコンなどに付いているPCカードのスロットに挿して使用するタイプです。
 ノートパソコンの場合はこのタイプがお勧めですが、USB接続タイプが多く出回っておりPCカード接続タイプは種類が少ないです。


5.テレビ用チューナー
 USB接続タイプと同じような形で、アナログのテレビの外部入力端子などに接続してアナログテレビでデジタル放送を映せるチューナーが販売されています。
 USBの端子が付いている物もありますが、チューナーのソフトウェアアップデート用などでありパソコンでテレビを見るためではありません。
 パソコン用のチューナーと同じ売り場に置いてあるので、用途や目的に合わせて選ぶ必要があります。