Microsoft Office 比較

無料で使えるMocrosoft Officeがあるって知ってました?

仕事でも家でも使うOfficeソフト、最近ではスマートフォンやタブレットでも使えるようになり移動中や外出先でも、ファイルの閲覧や編集ができます。

そこで、Microsoft Officeの有料版や無料版など、どんなものがあるかそれぞれのメリット/デメリットを紹介します。




Microsoft Officeの種類としては5種類あります

1.Microsoft 365 Personal
 毎月又は、毎年の支払いで、最新の各種Officeソフトが使える。
 さらに、OneDriveの容量が1TB使える。
 Windows PC、Mac、タブレット、スマートフォン (Windows、iOS、Android) など、同一ユーザーが使用するすべてのデバイス で使用可能(同時に 5 台までサインイン可能)。

2.Office Home & Business 2019
 ビジネスで使用するPowerPointが含まれた、1回の支払いで永年継続使用が可能なOfficeソフト。
 同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PC または Macで使用可能。

3.Office Personal 2019
 家庭での使用を想定した、1回の支払いで、永年継続使用が可能なOfficeソフト。
 同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PCで使用可能。

4.Office Mobile
 スマートフォンやタブレットなどの小型デバイスで使用できるOfficeソフト。
 非商用であれば無料で使用可能。
 10.1インチ以下のWindows10が動作しているPC,タブレットで使用可能。
 10.1インチ以上は、閲覧のみ可能。

5.Office Online
 ネットワークにつながる環境であればウェブブラウザー上で使えるOffice。
 ソフトをパソコンにインストールする必要もなく、無料で使用できる。
 インターネット環境がある、PC、タブレット、スマートフォンで使用可能。
  接続には、マイクロソフトアカウントが必要。(無料)

Microsoft Officeの比較

 Microsoft 365 PersonalOffice Home & Business 2019Office Personal 2019Office MobileOffice Online
価格(変更される場合があります)\12,984/年
\1,284/月
\38,284\32,784無料 (非商用利用)無料
Word〇※〇※
Excel〇※〇※
PowerPoint〇※〇※
OneNote〇※
Outlook
Access
Publisher
OneDrive1TB
Skype
Microsoftエディター

※各パッケージにより、機能制限があります。

メリットとデメリット

1.Microsoft 365 Personal
 毎月又は、毎年の支払いで、最新の各種Officeソフトが使える。

 メリット
  ・最新の各種Officeソフトが使用可能。
  ・OneDriveで1TBの容量が使える。
  ・WindowsやMac、Andrioなど各種デバイスで同一ユーザーであれば、同時に5台まで使用可能。

 デメリット
  ・サブスク(サブスクリプション)なので、定期的に費用がかかる。

2.Office Home & Business 2019
 ビジネスで使用するPowerPointが含まれた、1回の支払いで永年継続使用が可能なOfficeソフト。

 メリット
  ・同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PC または Macで使用可能。
  ・1回の支払いで永年継続使用が可能。

 デメリット
  ・Android端末等で使用できない。
  ・新しいOfficeソフトが出ても、更新できない。

3.Office Personal 2019
 家庭での使用を想定した、1回の支払いで、永年継続使用が可能なOfficeソフト。

 メリット
  ・同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PCで使用可能。
  ・1回の支払いで永年継続使用が可能。

 デメリット
  ・Android端末やMac等で使用できない。
  ・新しいOfficeソフトが出ても、更新できない。

4.Office Mobile
 スマートフォンやタブレットなどの小型デバイスで使用できるOfficeソフト。
 非商用であれば無料で使用可能。

 メリット
  ・無料で使用できる。
  ・モバイル端末に最適化されている。

 デメリット
  ・端末のサイズによっては編集ができない。(10.1インチ以上の端末では閲覧のみ)
  ・通常版に比べ、機能に制限がある。

5.Office Online
 ネットワークにつながる環境であればウェブブラウザー上で使えるOffice。
 ソフトをパソコンにインストールする必要もなく、無料で使用できる。
 マイクロソフト アカウントがあれば、こちらから使えます。

 メリット
  ・Officeソフトのインストールの必要が無い。(OfficeがインストールされていないPCからエクセルやワードファイルの閲覧、修正ができる)
  ・無料で使用できる。

 デメリット
  ・オフラインで使用できない。
  ・ファイルの保存先は、OneDriveのみ。
  ・通常版に比べ、機能制限がある。

まとめ

ディスクトップ環境であれば、Microsoft365がおすすめ。
Microsoft365なら、ディスクトップだけではなく、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなど、いろいろな環境で使うことができます。
小型のノートパソコンのみであれば、Office Mobileもありだと思います。
小型のノートパソコンで、Office Mobileがインストールされて販売しているものもあります。
Office Onlineは、常にネットワークに接続されている必要があるため、通信量を気にせず使えるポケットWiFiがおすすめです。